topimage

業績

原著論文

2015年度

「Content validity and utility of a proposed safety management education model for birth assistance in midwifery clinical practice」
雑誌:金沢大学つるま保健学会誌,39巻2号, Page13-24,2016
著者:岩谷久美子、島田啓子

 

「Development of a tool to evaluate the ability of health providers’ assessment skills in breastfeeding」
雑誌:金沢大学つるま保健学会誌,39巻1号, Page23-34,2015
著者:小西佳世乃

 

「Investigation of the relationship between changes in mothers’ perception of infant’s behavior and perception of breast milk as insufficient from early postpartum to one month postpartum」
雑誌:金沢大学つるま保健学会誌,39巻1号, Page11-22,2015
著者:小西佳世乃、島田啓子

 

「出生後早期におけるLate Preterm児の体温管理に関する基礎研究 腋窩温での体温管理下における中枢および末梢深部温の実態」
雑誌:日本助産学会誌,29巻1号,Page15-21,2015
著者:谷内 薫、根本 鉄、島田啓子

2014年度

「ドメスティック・バイオレンス被害女性の周産期および育児期を通じたDV被害に対する認識の回復過程」
雑誌:日本看護科学学会誌,34巻,Page198-207,2014
著者:藤田景子

 

「The perception of students towards the educational approach of clinical instructors during the maternity nursing clinical practicum: Constructing a scale of students’ perception and tendency of students’ perception according to their background」
雑誌:金沢大学つるま保健学会誌,38巻1号, Page85-96,2014
著者:岩谷久美子、島田啓子、福村友香

 

「妊婦ケアで「何か気になる」と感じた熟練助産師の体験 妊婦と胎児の状態が急変した9事例のインタビューから」
雑誌: 金沢大学つるま保健学会誌 ,37巻2号 ,Page57-65,2014
著者:内 織恵、島田啓子

2013年度

「ドメスティック・バイオレンス被害女性の回復を促す周産期の助産ケア」
雑誌:日本助産学会誌,27巻2号,Page247-256,2013
著者:藤田景子

受賞歴

日本助産学会20周年記念論文優秀賞(March/2006)

受賞論文 :生後1ヶ月から1年までの乳児の泣きに対する母親の情動反応に関する縦断的研究
著者:田淵紀子,島田啓子
(日本助産学会誌,20(1),26-36,2006)

第一回日本助産学会学術賞(March/2007)

審査対象論文:出産教育の効果に関する概念モデルの作成と検証
著者:亀田 幸枝
(日本助産学会誌,18(2),21-33,2004)

日本母性衛生学会学術奨励賞(November/2008)

受賞論文:妊娠末期におけるストレス対処能力と出産満足度・産後うつ傾向の関連
著者:関塚 真美、坂井 明美、島田 啓子、田淵 紀子、亀田 幸枝
(母性衛生 Vol 48(1),106-113, 2007)

研究活動

研究活動

footer