topimage

修了生学位論文

修了生論文題目

修士論文(助産学分野)

年度 タイトル
2015 妊娠後期の乳腺の変化と産後の乳汁分泌
2015 院内助産の経済評価-従来の産科の分娩管理との比較-
2015 分娩直後の排尿感と膀胱内尿量の観測的研究
2015 妊婦健診に同行するパートナーの気まずさ体験
2015 新生児に対する腹部マッサージの黄疸軽減への効果
2015 自治体広報誌における母子保健情報の内容と発信方法
2015 母子健康手帳の妊娠期の自由記載欄の活用状況
2015 分娩第1期における腰部温罨法の和痛効果
2014 産褥の後頸部温罨法による乳房皮膚温と児の体重減少率への効果および冷えとの関連
2014 妊娠後期の乳管開通の有無からみた児の体重減少率および人工栄養補足の比較研究
2014 出生時の臍帯結紮部位からみた新生児黄疸の比較研究
2014 家庭でのベビーマッサージの継続期間からみた母親の児に対する愛着

修士論文(女性分野)

年度 タイトル
2014 育児期の母親が持つパートナーとの関係中断の可能性の認識と関連要因の検証
2014 新人助産師の臨床での母乳育児支援経験と助産学生時代の教育背景から考える母乳育児支援教育の課題
2013 自然卒乳をした母親の体験
2013 MFICUから産科病棟に転棟したハイリスク妊婦の体験
2013 助産判断のe-learning教材の開発と有効性の検証‐分娩後出血の観察と対応‐
2012 早産に至った母親の出産体験の内在化プロセス
2012 母乳育児支援における実習指導のあり方に関する研究―学生の学びと実習指導者の指導方法の検討から―
2012 子宮復古に対する子宮底輪状マッサージの臨床的有用性
2012 乳児訪問に対する訪問指導員の考えと関わりに対する母親の受けとめ及び満足度
ー訪問指導員と母親の双方向的検討ー
2011 出生前診断を考える女性に対する看護者のかかわりとその支援能力との関連
2011 新人助産師の分娩管理における自己評価尺度の開発
2011 産後1か月の母親のうつ傾向の影響要因-妊娠中のマイナートラブルと心理・社会的適応から-
2011 助産師と母親双方のバースプランの活用の実態と出産満足度との関連
2010 妊産婦ケアで“何か変”、“何か気になる”と感じた熟練助産師の体験の記述研究
2010 中枢-末梢深部温、腋窩温の同時測定による早産児の至適環境温度の検討
2010 実習指導者のアプローチに対する学生の認識と母性看護実践に対する自己効力感の関連
2008 授乳場面に対する看護者の基本的アセスメント力評価
2008 助産実践を記録する判断理由や状況に関する探索研究
2008 高校生の食行動異常と心理的・社会的要因との関連
2008 生むケアと産まないケアの双方に関わる助産師の体験 –感情と感情コントロール要素の抽出-
2008 出産後早期の育児支援場面における母親と看護者の共感的・非共感的体験
2007 分娩場面に関する熟練助産師のreflection
2005 北陸における周産期の死のケアの実態および看護者のケアに対する評価とその関連要因
2005 Maternity Nursing Assessment Modelの考案と妥当性の実証的検討
2005 奥能登地域の母子保健サービスに関する生活者のニーズと改善策の一考察
2005 エビデンスに基づいた日本版 授乳アセスメント・ツールの作成と有用性の検討
2005 性感染症としてのヒトパピローマウイルスの研究
2004 出産満足度およびストレス対処能力と出産後ストレス反応との関連
2003 消費者にとっての出産準備教育の価値と価値付け内容の探索  -病医院に通院中の妊婦に焦点をあてて-
2003 Cytokines involved in the immune responses against Human Papillomavirus (HPV) infection
2003 ヒトパピローマウイルスに対する経口ワクチンについての研究
2002 第2子誕生後1ヶ月時における母親のとらえた第1子の反応
2002 出産教育の効果に関する概念モデルの検証
2001 マタニティーライフにおける長期入院の意味 -妊婦の体験世界と意味付け-
2001 新しいクラミジア・トラコマティス(C.trachomatis)検出法の開発と日本人女性におけるヒトパピローマウイルスおよびC.trachomatisの不顕性感染の実態

博士論文

年度 タイトル
2015 Content validity and utility of a proposed safety management education model for birth assistance in midwifery clinical practice
2015 Investigation of the relationship between changes in mothers’ perception of infant’s behavior and perception of breast milk as insufficient from early postpartum to one month postpartum
2011 Structure of learning in the childbirth care training of midwife students -A Japanese perspective
2011 Comparison of changes in the pelvis and pelvic floor muscle function between normal pregnant women and pregnant women with cervical incompetence
2010 Development and evaluation of a self care program on breastfeeding in japan : A quasi-experimental study
2009 Support for infertility treatment in japan : Differences in perceptions between female clients and staff
2009 Low serum secretory immunoglobulin A level and sense of coherence score at an early gestational stage as indicators for subsequent threatened premature birth
2008 Experience of primiparous women who continued breastfeeding for three months
2008 Development of an empowerment scale for pregnant woman
2007 Mother’s feelings of distress and related factors resulting from the crying of her one-month-old infants

研究活動

研究活動

footer