topimage

カリキュラム

kennkyu助産学分野

平成25年度から本学では助産師教育を大学院課程(博士前期課程「助産学分野」)で行っています。助産学分野では、助産ケアに関する高度な専門的実践力の修得と研究的課題解決能力およびエビデンス研究の探求について教育と研究と行います。 なお、助産学分野修了者は、修士(保健学)の学位と助産師国家試験受験資格を取得することができます。

指導教授と研究テーマ

研究テーマ
田淵 紀子 ケアの質向上に還元できるエビデンスの生産・検証に関する研究

 

履修要件と履修例

 

 

区分 科目数 授業科目(履修例) 単位数
必修 大学院GS科目「研究者倫理」 1科目  研究者倫理 1単位
大学院GS科目「保健学研究概論、保健学研究方法論(基礎)、保健学研究方法論(臨床)から1科目

2科目 2単位
 看護科学領域の共通科目から 1科目 1単位
助産学分野の科目から(特論2、課題研10) 2科目 12単位
助産学分野の演習科目から 1科目  助産学演習 4単位
助産学分野専門科目(指定規則) 12科目 助産学概論、ローリスク助産診断学、ハイリスク助産実践・応用学、国際助産学、出産教育・コンサルテーション助産管理学 、周産期助産診断演習Ⅰ、 周産期助産診断演習Ⅱ 、助産学実習Ⅰ、 助産学実習Ⅱ、 助産学実習Ⅲ 、助産管理実習 29単位
選択 保健学専攻の大学院GS科目、保健学専攻共通科目、看護科学領域共通科目または女性・小児環境発達学分野の科目「女性発達看護学特論」、助産学分野の科目「国際・比較助産実習」から 3科目以上 10単位
59単位

その他修得可能な資格

上記カリキュラム以外に、高度な実践能力を修得するために以下の資格が修得できます。

  1. IBCLC:国際認定ラクテーションコンサルタント単位
  2. NCPR(Neonatal Cardio-Pulmonary Resuscitation):新生児蘇生法修了認定 Basicコース or  Advancedコース

女性分野(博士前期・後期課程)

女性分野では、母性・助産ケアに関する諸理論を探求し対象理解を深めEBNを探る研究手法と教育課題について、ウイメンズ・ヘルスの専門職に必要な教育と研究を行います。

指導教授と研究テーマ

研究テーマ
田淵 紀子 出産後の母子を対象とした健康支援や育児支援に関する研究
新生児およびハイリスク児の成長発達支援に関する基礎的研究

 

履修要件と履修例

博士前期課程

区分 科目数 授業科目(履修例) 単位数
必修 保健学専攻共通科目から 1科目 医療統計学特論 など 2単位
看護科学領域共通科目から 1科目 看護学研究方法特論 など 2単位
女性分野の科目 3科目 女性発達看護学特論
女性発達看護学演習
女性・小児環境発達学課題研究
16単位
女性分野以外の科目から 1科目 臨床心理学特論 など 2または4単位
選択 共通科目、専門科目または本学大学院の他の研究科の科目から 2科目以上 看護理論特論
看護管理特論
臨地マネージメント演習 など
8または6単位
30単位

博士後期課程

区分 科目数 授業科目 単位数
必修 女性分野の特講、特講演習 2科目 女性・小児環境発達学特講
女性・小児環境発達学特講演習
4単位
女性分野の特別研究 1科目 女性・小児環境発達学特別研究 6単位
10単位

※社会人院生に対して、大学院での学修を容易とするために「大学院設置基準14条に基づく教育方法の特例制度」があり、夜間その他特定の時間または時期において授業や研究指導を受けることができます。

footer